神奈川県足柄上郡松田町松田 陶房「龍の背」―陶芸家山本安朗

山本安朗 略歴


1958 神奈川県秦野市 焼きものには無縁の家に生まれる
1978 小山冨士夫に憧れ 彼を師とする京都童仙房の陶芸家「川淵直樹」に師事
1983 郷里 足柄平野を見下ろす松田山中腹に独力でアトリエ・穴窯製作 もっぱら焼き締め陶にとり組む
1987 横浜高島屋にて個展
1988 新宿益田屋にて華道家「小泉道生」とコラボ展
1990 失敗を繰り返しながらも8mの蛇窯の設計・製作も独力で行う
1993 金沢・遊くらふとにて個展 【以降毎年】
1994 茅ヶ崎・一閑にて個展 【以降隔年】
1998 青山・蔦サロンにて大和花道家元「下田尚利」とコラボ展
1999 青山・蔦サロンにて広山流家元(三代)岡田広山とコラボ展
2000 青山・蔦サロンにて龍生派「吉村隆」とコラボ展
2001 松山・陶碗にて個展 【以降隔年】
2002 青山・蔦サロンにて一葉式いけ花家元「粕屋明弘」とコラボ展
2003 青山・蔦サロンにて草月流家元「勅使河原茜」とコラボ展
2004 青山・蔦サロンにて古流松應会「千羽理芳」とコラボ展
2005 青山・蔦サロンにて小原流「工藤亜美」とコラボ展
2005 玉川高島屋ルーフギャラリーにて個展 【以降隔年】
2006 青山・蔦サロンにて広山流家元(四代)「岡山広山」とコラボ展
2006 本郷・ギャラリー愚怜にて個展 【以降隔年】
2007 青山・蔦サロンにて五十鈴古流主牽「太田裕啓」とコラボ展
2007 荻窪・衎芸館にて表装家「柴崎妙子」とコラボ展 【以降隔年】
2008 渋谷・炎色野にて個展 【以降毎年】
2009 青山・蔦サロンにて梶井宮御流家元「藤原素朝」とコラボ展
2009 銀座・黒田陶苑にて個展
2010 青山・蔦サロンにて一葉式いけ花「粕屋尚弘」とコラボ展
2010 鎌倉・ジアースにて個展 【以降隔年】
2010 銀座・黒田陶苑にて個展
2011 横浜・アースヴィジョンにてピアニスト「ウォン・ウィン・ツァン」とコラボ展
2011 青山・蔦サロンにて宣法未生流家元「飯島鼎甫」とコラボ展
2011 真鶴・ギャラリーatoにて山野草作家「村上敬」とコラボ展 【以降隔年】
2011 大阪・ギャラリー佑英にて嵯峨御流「松井清志」とコラボ展 【以降隔年】

                                           現在に至る



「龍の背窯」南蛮焼締


 琵琶湖近くの鉄分を多く含んだきめ細やかな土、自掘・砕く・練る。 既に一生分確保。養生中。
 薪割り・窯焚きもひとりで行う。約10トン分の薪を一週間かけ1,100~1,200度の蒸し焼にする。
 シンプルがモットー。蹴ロクロにてすばやく楽しく。
 土と炎がおりなす偶然。いたずらをひきだす。
 焼成後かなりガンバッて磨く。
 酒・肴・花・茶・心によろしい。
 品質厚情にて、飽きのこないものを飄々と作り続けたい。





雑誌掲載



 株式会社 栃の葉書房発行 2012年2月号Vol.379に掲載されました


  「ギャラリーaTo」さんにて
      陶芸と山野草のコラボ 山本康朗 ・ 村上敬 2人展


         ―――――真鶴を染めた秋色の潮騒



               →→ こちらからご覧いただけます